セーハのコツA 親指

2016-09-24 16.55.28.png

親指は、
ネックの中心線で、しっかりと力を入れます。

“ にぎる ” 感じではなく、
点で押し返す 感じです。

写真の指を見ると “ しるし ” が付いています。

親指の関節の辺りだけに力を入れて
押し返しています。

中心線から外れると
セーハがうまくできないばかりではなく、
余計な力が入ってしまうため
次へのコード・チェンジがうまくできません。

真裏から
しっかりと押し返す意識が大切です。

練習の時は
親指の位置を確認しましょう。

セーハのコツ@ 人差し指

20160924_161606.jpg

セーハの人差し指には、2つ ポイントがあります。

@ 人差し指を置く(弦を押さえる)指板上の位置
A 人差し指の角度


@について、
人差し指は フレット金具の上 に乗せます。

この位置に人差し指を置いた状態で
Aを意識します。

Aについて、
フレットに指を乗せた状態から
人差し指を わずかに “ ギター・ヘッド ” 側にたおします

人差し指の腹(中心部)で押さえるのではなく、
ギター・ヘッド側の やや側面で押さえます

写真はコード “ F ” を押さえています。

人差し指の角度 に注目してください。