アコギ日記  新品なのに、オールド?

アコースティックギターは、
長年弾き込まれたほうが良い音がする と言われます。

これには、大きく2つの理由があるそうです。

ひとつは、
現在に比べ良い材料が手に入ったため、
古いアコギのほうが 良質な木材が使われている から。

もうひとつは、
空気にふれ、弾きこまれていくことにより
木材内部の油分が抜け、高質化
枯れた良い音が鳴るから。

実は、ギブソンのアコギで
経年による木材の状態を再現する スゴイ加工技術があります。

” Thermally Aged ” 加工

ギブソンのアコギ “ J-45 ” などで採用されています。

同じ “ J-45 ” でも
この加工が施されているモデルとノーマルのモデルがあり
加工がされているタイプは値段が高くなります。

しかし、
新品なのに、長年弾き込まれたギターと同じ音が鳴るというのは
とても魅力的なこと。

技術の進歩というのはスゴイですね。

posted by ZENKOU at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記        | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコギ日記  セレイナ、かわいかった

先日、大手スーパーのイベントを見に行ってきました。

無料ミニ・コンサート。

アーティストは、セレイナ・アン さん。

朝の日本テレビ・情報番組 ジップ
あおぞらキャラバン というコーナー。

大きな犬と全国を旅している、あの子です。

30分程度でしたが、5、6曲を披露。

テレビで馴染みのアコギで
弾き語り演奏も聴くことができました。

澄んだ声で、とても耳心地が良かったです ♪
ちょっと注目のアコギ女子。

皆さんもチェックしてみてください。
posted by ZENKOU at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記        | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする