B 掃除&お手入れ

20160828_172541.jpg

いつもの私のやり方を案内します。

はじめに、
ここでは「 ギター用クロス( 布 ) 」 を使用します。

市販のタオル でアコギのボディーを拭きあげると、
細かな傷が付いてしまう ことがあります。

クロスがあれば、普段の練習時
汗や誇りなど日常的なメンテナンスにも重宝します。

また、
頻繁に買い換えるものでもないので
1枚もっていてもいいと思います。
(1枚 500円程度)

さらに
専用のスプレー 「 ポリッシュ 」 があれば、しっかりと汚れ落としができます。
(1,000円〜1,500円程度)

いずれも
ギターショップなら必ず購入できます。
(ネットでも購入 OK)

前置きが長くなりました(スミマセン)

では
掃除&お手入れの手順です。

はじめに「ギター用クロス」で
全体的に ほこり等を サっと 拭き取ります。

次に、
指板 (ネックの、弦を押さえる側)と
フレット(指板の金属部分)やペグなどの 金属部分 のお手入れをします。

専用のスプレーがあれば、
適量を吹きかけてから、クロスで丁寧に拭きあげ ます。

スプレーがなければ、
クロスで拭きあげてください。

最後に
ボディー、ネック、ヘッドなど、残りの部分 のお手入れ。

やはり専用のスプレーがあるので、
適量を吹きかけてから、クロスで丁寧に拭きあげ ます。

スプレーがなければ、
クロスで拭きあげてください。

丁寧に拭きあげても
表面に多少ベタベタした感覚 があるかもしれません。

ですので、
私はすぐに弦を張らず、1日おいて 定着させてから
次の日に弦を張る ようにしています。

これで、
掃除とお手入れは完了。

弦を張る準備ができました。
2016-08-28 17.58.22.png