A 古い弦をはずす

2016-08-28 16.24.44.png

布団の上にアコギを置き、
弦の部分にタオル をかけています。

弦が錆びていると
ゆるめた瞬間にも“パチッ”と弦が切れてしまう ことがあります。

切れた弦が、目に当たったりしたら怖いので
弦交換のとき、私はこうやって古い弦をはずしています。

また、ペグが回しやすいように
ヘッドを枕に乗せています。 

あとはペグをまわして弦をゆるめていくだけですが、
1〜3弦と4〜6弦では
ペグの回す方向が逆 になるので確認しながら行います。

私は、6弦(いちばん太い弦)から順に、
どんどんゆるめていってしまいます。

20160828_161705.jpg

私は、弦がはずせる最後までペグを回しません。

かなりダルダルになるまで弦がゆるんだら、
ピンのほうを抜いてしまいます

ピン側の弦の引っかかっている部分を抜き出すと、
ペグ側の残っていた弦の巻きつき部分が
スルっと取れます。

こうして
6本すべての弦をはずしてしまいます。

はずし終えた弦は
先がとがっていて 危険 でもあるので、
丸めるなどして一箇所においておき、後で捨てます。