リズムを安定させる

テクニックはあるのに
上手に見えない人 がいます。

多くの場合、
その原因は リズムが安定しないことにあります。

弾きやすいところやサビの部分で気持ちが入ると早くなり、
押さえにくい部分などでは遅くなる。

こんな状態のことです。

最近では人気歌手の コピー演奏を
YOU TUBE に投稿する一般人
が増えているので、
何人か見てみると参考になります。

上手だと感じる人 は、
テクニックはもちろんですが
リズムが安定 しています。

一見上手そうなのにイマイチと感じる人の多くは、
リズムが不安定です。

普段の練習のときから、
一定のリズムで弾くように意識付けをしましょう。

<練習方法>
心の中で「1・2・3・4」と、カウントしながら弾く

ゆっくりでも
全体がゆっくりなら、それでいいんです。

はじめは
苦手なところに合わせて
ゆっくり目のリズムで練習しましょう。

逆に
弾きやすいところ、すでに覚えたところに合わせて、
うまくできない箇所にくると急にゆっくりになる。

そういう練習をしていると
自分でリズムをコントロールできなくなります。

リズムを安定させるだけで
格段に上手に見えます