アコギ日記  新品なのに、オールド?

アコースティックギターは、
長年弾き込まれたほうが良い音がする と言われます。

これには、大きく2つの理由があるそうです。

ひとつは、
現在に比べ良い材料が手に入ったため、
古いアコギのほうが 良質な木材が使われている から。

もうひとつは、
空気にふれ、弾きこまれていくことにより
木材内部の油分が抜け、高質化
枯れた良い音が鳴るから。

実は、ギブソンのアコギで
経年による木材の状態を再現する スゴイ加工技術があります。

” Thermally Aged ” 加工

ギブソンのアコギ “ J-45 ” などで採用されています。

同じ “ J-45 ” でも
この加工が施されているモデルとノーマルのモデルがあり
加工がされているタイプは値段が高くなります。

しかし、
新品なのに、長年弾き込まれたギターと同じ音が鳴るというのは
とても魅力的なこと。

技術の進歩というのはスゴイですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック