コード・チェンジのコツ

速やかにコード・チェンジを行うコツ
ひとつご紹介します。

それは
親指、手首から先に動かす

アコギ初心者の方は、
どうしても 弦を押さえる指先にばかり意識がいきがち

しかし
指先は直接弦に触れているので
ギリギリまで動かすことができません。

ところで、
コードの種類によって、
親指がネックに触れる位置や手首の角度は違います。

そこで
指先より先に、親指と手首が
次のコードの押さえやすい位置に、先に動き始める
ことで
指先をリードしていきます。

慣れてくると
ほとんど同時に動いているように見えますが、
上級者でも
難しいフレーズを弾くときに気をつけるチェックポイントが
親指の位置と手首の角度です。

手の大きさや指の長さなどは
人によって違うため、
コードを押さえる時の親指の位置や手首の角度も
人によって微妙に違ってきます。

まずは
自分の押さえやすい形 を見つけ、
コード・チェンジの際は
親指と手首を意識 して練習してください。

自然な感じで
指先が次のコードを押さえにいける
と思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック