コードの押さえ方のコツ

20160920_214834.jpg20160920_214959.jpg
     ×  指が寝ている            ○  指が立っている

写真は、
どちらも「 C 」コードを押さえています。

コードの場合
左指で、同時に何箇所かを押さえなければ なりません。

左の写真では
指が寝てしまって、
押さえているのとは 別の弦に触れて います。

他の弦に触れてしまうと
その弦の音は出ません。
(または、とても小さくなる)

これではダメです。

コードを弾く時は、
左の指でしっかり押さえるのと合わせて
他の弦に触れない というのが大切です。

そのために必要なのは
1. 指先を立てること
2. フレット金具の近くで押さえること

そうです。

『 基本のコツ・ポイント 』で説明した基本的なこと
重要なポイントになります。

コードを押さえたときに
きれいな音が出ない場合は、
もう一度『 基本のコツ・ポイント 』を見直してみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック