ロー・ポジションとハイ・ポジション

20160920_205957.jpg2016-09-20 21.05.46.png

写真は、
いずれも同じ「 G 」というコードを押さえています。

左側 のように、
開放弦を活かしながら
アコギの ヘッドに一番近い位置 でコードを押さえることを
俗にローポジションと言います。

対して
右側のように、
セーハを使って
ボディーよりの位置で押さえることを
俗にハイポジションと言います。

* 「 セーハ 」とは、人差し指を横に伸ばし
  6本の弦をまとめて押さえる方法を呼びます。

“ セーハ ” は、慣れるまで難しく
初心者がぶつかる2つ目の大きな壁 です。

セーハでなければ押さえられない のが
FBです。

その他のコードは
セーハをしなくても、ローポジションで押さえられます。

“ セーハ ” のコツは
改めて練習していきますので、
まずはローポジションで弾ける曲を練習 しましょう。

ローポジションでの練習を重ねることで、
指もだんだん動かせるようになりますし、
力まずに弦を押さえるコツもわかってくると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック