「ドレミ」を覚え、左手指を動かす

2016-09-19 15.42.46.png
             * クリックすると、大きな写真になります

はじめに、いちばん基本となる
「 ドレミファソラシド 」 を覚えましょう

写真を参考にしてください。
* 「レ、ソ、シ」は、どこも押さえずに 弦を弾くということ → 開放弦 という

この時、
左手の指を動かす練習 も一緒にします。

普段の生活では
薬指、小指はあまり使わないと思うので
意識して使うようにしていきます。

「ドレミファソラシド」と弾く際に
ひとつの ルール を作ります。

<練習法>
 1. 「ドレミファソラシド」を弾く。
 2. その際、左手の弦を押さえる指は、以下のルールを守る。
    1フレット・・人差し指  :ド(高い)
    2フレット・・中指    :ミ、ラ
    3フレット・・薬指    :ド(低い)、ファ、

 3. 慣れてきたら、逆に「ドシラソファミレド」と弾く。
     *押さえる左手指のルールは同じ

 4. 「ドレミファソラシド」と「ドシラソファミレド」を
     スムーズに繰り返し弾けるようになる。

誰しも
初めは思うように指が動かず、イライラします。

練習をすることで
必ず指は動くようになってくる ので、
休憩を取りながら焦らず取り組んでください。

この練習をする際に、
一緒に意識してほしいこと があります。

それは
カテゴリー『アコギ初心者 基本のコツ・ポイント』で説明した
「 弦を押さえ位置 」 や 「 指を立てる 」 といった点。

初めから
こうしたポイントを意識しておくと
上達が一気に加速します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック