右手 小指の上手な使い方

2016-09-17 17.16.41.png

ストローク奏法にしてもフィンガー奏法にしても
右手は基本的に浮いている状態 から
弦を弾きにいきます。

弦と右手の距離が測れない と、
強く弦を弾いてしまったり、
逆に
弦をこするように弱く弾いてしまいます。

そこで センサーの役割 を果たすのが 小指

写真のように 小指を伸ばし、
ギターのボディーにわずかに触れさせます


弦との距離を安定 させる
ちょっとしたコツです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442011243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック