コードの種類

コードは、アルファベット で示されます。

A・B・C・D・E・F・G

アルファベットだけ で表記されているものを
メジャー(コード)」 と呼びます。

<例>
 「 A 」: エー・(メジャー)
 「 C 」: シー・(メジャー)

 * 「メジャーコード」はいちばん基本になるので
   呼ぶときに「メジャー」とは付けず、
   アルファベットだけで呼ぶ ことが一般的です。

音色の特徴は、“ 明るい感じ。


次に、アルファベットの右側にmが付いているもの。
これをマイナー(コード)」と呼びます。

<例>
 「 Am 」: エー・マイナー
 「 Cm 」: シー・マイナー

音色の特徴は、暗い 感じ。


アルファベットの右側に数字の7が付くコード。
これをセブンスと呼びます。

セブンスは、
メジャーコードにもマイナーコードにも存在 します。

<例>
 「 A7 」 : エー・セブン
 「 C7 」 : シー・セブン
 「 Am7 」: エー・マイナー・セブン
 「 Cm7 」: シー・マイナー・セブン

曲調に
少し変化を与えたいときなどに用いられます。


コード自体は
もっとたくさんの種類がありますが、
初めのうちは
これ位を知っていれば十分だと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック