コード・チェンジのタイミング

コード・チェンジをする時
一時的に弦から押さえていた左指が離れます。

当然、
弦から左指が離れた瞬間は
音が出ていない ことになります。

そのことを意識しすぎる アコギ初心者が、とても大勢います。

私がオススメしているのは、
半拍前でブレイク( 弦を離す )です。

実際にやってみましょう。

まず、リズムをとります
「♪ 1 ・2 ・3 ・4 〜」

このリズムを、もう少し細かく分けます。

数字と数字の間に
合いの手のように を入れます。

♪ 1 と・ 2 と・ 3 と・ 4 と・〜

このリズムの中で
コード・チェンジの 数字の前の “ と ” で弦をはなします 。
【例】 「 G → D 」のコード・チェンジ
  G     D 
♪  1 と・ 2 と・ 3 と・ 4 と・〜
      ↑
    ここではなす

厳密に言うと
半拍のあいだ音が出ていないことになりますが
ほとんど気になりません。

カテゴリー『 ステップ1 「ドレミ」と基本技術 』で説明したように
曲のリズムを安定させるほうが、よほど重要 です。

無理してギリギリのコードチェンジにこだわると、
リズムが乱れます。

指が間に合わずリズムが遅れてしまったり、
あせって早くなってしまったり。。。

一定のリズム で弾けるように練習しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック