左手 弦は“ フレットの金具近く ”で押さえる

2016-09-17 10.05.50.png2016-09-17 10.05.04.png

        近い ( )             遠い ( ×

写真は、
薬指で “ 5弦3フレット ” を押さえています。

3フレットの中であれば
どちらの位置で押さえても“ 音 ”は変わりません

しかし
押さえやすさ は格段に違います。

同じ3フレットでも
金具に近い位置(ボディー側)の方が しっかりと押さえられ、
きれいな音が出やすくなります


コードで弾く時など、
一度に複数の場所を押さえる際も考え方は同じ。

それぞれの指が
フレット金具に近い位置で弦を押さえられるように工夫するのが
きれいな音を出すポイントです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109865706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック